共通の未来のために-My feelings, when I think of our common future.

Posts Tagged ‘community’

辛抱強さの果て

In Uncategorized on 2011/08/28 at 15:26

 直ぐに結果が出ないこと、因果関係が複雑で、客観的に評価しづらいことへの、新たな枠組みでの挑戦が続いてる。
 

 素晴らしいし、それぞれの努力は実に尊い。

 周囲の無理解や慢性的なリソース不足に立ち向かい、前進していく姿への敬意は、増すばかり。

   

 多くの場合、リーダーシップをとっている人や影響力を持っている人は、目に見える評価が外部から下されるチーム仕事を最後までやり遂げる経験を持っていなかったり、訓練をうけていない。

 周囲にも、厳しくチーム仕事ができるスキルを持った人は少なく、おヤクショやコンサル、センセイ、一人仕事や報告書が成果物の皆さん、社会に出てからずっとこの世界に居る皆さん。

   

 結果が見えにくいので出来たような気になっているが、「仕事の仕方のスキル」は伸びない。

 時として、自分たちの立派な「社会性」と善意と「新時代さ」を言い訳に、気付こうとしない。

 何やら新しい「協働のスキル」みたいなものを盾に、自らを客観視しない。

 

 「協働のスキル」的なものでも、関係者との間できめ細やかにきっちり仕事を進めること、計画と振り返りと軌道修正を常に行うこと、マネジメントの存在などの基本は同じなのに、専門分野から想像出来る楽な部分(ちょっと頑張った感が得られる部分)だけを受け入れる。

…ある人たちが学び、実践するファシリテーションの目的(彼らの目的ではなく、ファシリテーションの目的) は、仲良しを増やすことなんだって…

 

 巧妙な人たちは、税金を財源とした「事業」を囲い込む仕掛けの中で、世間の評価に耐えられないファンタジーのぬるま湯の中で、おヤクショを喜ばせるスキルを磨く。

 

 もともとチーム仕事のスキルを持っていた人も、不幸な場合、やがて、この世界はこんなもんかと泥んで行く。

   

 この問題、あるいは構造への気付きがいつまでたっても生まれないので、当初理解を示していた、厳しくチーム仕事ができる人たち、その大切さを見失わない人たち(内部の人も、外部の人も)は、辛抱強く付き合った果てに、そっと離れていく。

 

 それでも気付かないで、相手のせいにする。

 

 自分たちは社会的に良いことをやってるという自負は、相手のせいにして、物事を終わらせる。

   

 一方で、このことを知っていて、ミッションを追いながらも同時に「仕事の仕方のスキル」をレベルアップしようとして、七転八倒の人たちも居る。

 元々手薄な中でミッションを追う上に、「仕事の仕方のスキル」の向上も自分たちに課しているので、一層パワーが足りず、ボロボロになる。

 彼らの認識のレベルと挑戦の質に気付かない周囲は、ボロボロぶりだけを捉えて出鱈目なやつらだと非難し、問題の本質が顕になることなく彼らの孤独は続く。

 

 幸い上手くマネジメント出来ている、仕事の仕方のレベルの高いところは、わざわざ自らを露出しない。それがマネジメント出来ている証しでもある。

   

 自らに甘いものが甘やかされる。

 やがて自らの首を絞め、恨みごとと、徒労感と、うまくすれば、目立ってなんぼの旗振りの名声と満足だけが、跡に残る。

 

 自らに厳しいものが厳しくされる。

 仕事の質について認識があり、仕事の仕方の高いレベル(というより、当然のレベル)をもミッションに加えて自らに課す、新たな試みへの挑戦者たちが、どうか折れないでいてくれること、続いてくれることを、祈る。

広告

動画アーカイブ 『神話の力~ジョーゼフ・キャンベルとの対話』

In Uncategorized on 2011/08/14 at 13:58

1994年と1996年に、NHKで合計3度放送された番組の、YouTube動画だそうです。

 

<2011.8.15 追記>
動画を見つけるきっかけになったブログ「前から後ろから!」さんが、この6本の動画に関する考証を掲載してくれました。
それによると、この動画は日本での放送版ではなく、アメリカで発売されたDVDに日本語吹き替えが編集で入れられたもののようです。
詳しいことを、リンクした記事の【追記】で、ぜひご一読ください!
「動画 ジョーゼフ・キャンベル『神話の力』-1」2010.4.17 http://fujikko92.exblog.jp/12494874/

 

★Vol.1 英雄伝説

 

★Vol.2 神と人間

 

★Vol.3 古代の語り部

 

★Vol.4 死と再生

 

★Vol.5 愛の女神

 

★Vol.6 永遠の仮面

 

ボクはつい最近まで、この人のことも、この放送のことも、この放送を基に出版された 『神話の力』 The power Of Myth と言う本も、知りませんでした。(名津さん、ありがとう!)

2011年の暑い夏、今年もめぐってきた8月の神聖なひとときに、まったりとこのビデオを見て、本を読みます。

人類が人類の上に2度も続けて核兵器を落とした記憶が薄れつつあり、

同じ国が再び核の脅威に晒されている2011年の、暑く神聖な季節に。

そういう国に生まれ育ち、その出来事の時代に生きている。

ちっぽけな命に出来る最善のことはいつだって、生かされている自分の持つ力を、精一杯使うことなのでしょう。

最善どころか、唯一のことかもしれません。

目に見えない叡智の中にある、生かされている自分を識る。

 

(★これらのYouTube動画は、”神話の力”で検索して、「前から後ろから!」というブログを参考に、見つけることが出来ました。

「動画 ジョーゼフ・キャンベル『神話の力』-1」2010.4.17 http://fujikko92.exblog.jp/12494874/

 
★6回シリーズで、「海外ドキュメンタリー」として2度、「知への旅」として1度放送されたと、「モンバサ・ジャンクション」というサイトにあります。

http://homepage3.nifty.com/mombasa/dummaro/9.htm

第6回(最終回)の放送に2つのバージョンがあって、オーム オウム事件の影響があることが書かれています。)

 
 

<2011.8.15追記その2>
ブログ「前から後ろから!」の negitoromirumiru さんから、ご指摘がありました。
ありがとうございます!
●「オーム」の表記を訂正しました。
●「知への旅」では2度放送されたそうです。従って、都合4度は放送されているようです。
「動画 ジョーゼフ・キャンベル『神話の力』-1」2010.4.17 http://fujikko92.exblog.jp/12494874/ の二つ目の【追記】をご参照ください。

 

たった百六十余年前の、相馬中村藩(福島第一原発の北隣)の再興事業

In Uncategorized on 2011/06/19 at 18:03

たった百六十余年前の、相馬中村藩(福島第一原発の北隣)の再興事業を読む。

自分たちが暮らす、自分たちが拠って立つ故郷の永続を願って君臣一体となり、道理を見極め地を慣らし制度を整え力を合わせ、必死で立ち向かう姿が、富田高慶氏の力強い文体に甦る。

報徳記(岩波文庫 復刊)。

原初の開墾以来、そこで暮らす人達によって連綿と守られ、生産を、生活を支えてくれた故郷、そこで暮らす人達を護り続けてくれた故郷は、この相馬地方だけではない。

数世代に渡り(現世代は、もしかすると「二度と」)立ち入れない地にする施策とは、何か。

なぜ、それが出来ない?

In Uncategorized on 2011/06/17 at 19:34

「里に破壊の家屋なく田に草莽の残れるなく五穀繁生経界正しく道路砥の如く水路の浅深其宜しきを得たり。」
報徳記 巻之二

なぜ出来ない?
故郷が、好きじゃないのか?

電力会社保護が、我々の国の成長抑圧要因であり続けたことについて。”小国寡民のエネルギー政策” 内田樹の研究室

In Uncategorized on 2011/06/16 at 16:24

安価な安定供給という貢献の一方で、それと両立すべきことを抑圧して来たのでしう。

“エネルギーもそうなるべきなのだ。
それは本来は商品として売り買いされるべきものではなかった。
「共同体の存立に不可欠のもの」である以上、電力もまた社会的共通資本として、道路や鉄道や上下水道や通信網と同じように、政治ともビジネスとも関係なく、専門家の専門的判断に基づいてクールにリアルに非情緒的に管理され、そのつどの最先端的なテクノロジーを取り込んで刷新されるべきものだったのである。
けれども、電力を管理したのは実質的には政治家と官僚とビジネスマンたちであった。
彼らは「共同体の存立と集団成員の幸福」というものを「自分たちの威信が高まり、権力が強化され、金が儲かる」という条件を満たす範囲内でしか認めなかった。

環境負荷の少ない、低コストの発電メカニズムの多様で自由なコンビネーションによって、「電気は自分が要るだけ、自分で調達する」という新しいエネルギーコンセプトが採用されるべき時期は熟していたのである。

それが果たされなかった。
旧来のビジネスモデルから受益している人々が既得権益の逸失を嫌ったからである。
原発は彼らの「切り札」であった。
国家的なプロジェクトとして、膨大な資金と人員と設備がなければ開発し維持運営できないものに電力を依存するという選択は、コストの問題でも、安全性の問題でもなく、「そうしておけば、離散型・ネットワーク型のエネルギーシステムへのシフトが決して起こらない」から採用されたのである。
もうこの先何も変わらない、変わらせないために、彼らは原発依存のエネルギー政策を採用したのである。
人々は忘れているが、原発というのは「イノベーションがもう絶対に起こらないテクノロジー」なのである。”

小国寡民のエネルギー政策 内田樹の研究室.

電力会社を守る仕組みに経済性、成長力があるか? “personal power plant のご提案 (内田樹の研究室)”

In Uncategorized on 2011/06/12 at 12:14

“…外部電力が停止しても、自家発電できるテクノロジーをガス会社はもっている(当たり前である)。
しかし、法律上の制約があって、電力会社からの送電が止まると、自家発電装置も止まるようにメカニズムが設計されているのである。

そういう話を聞くと、電力会社の「節電のお願い」をどうしてもまじめに聴く気にはなれないのである。”

引用元: personal power plant のご提案 (内田樹の研究室).

保有の古民具4000点!の台帳化

In Uncategorized on 2011/06/04 at 08:18

素晴らしい!

でも取り上げ方は平板。
「教育・福祉」だけじゃなく、もっと活かせるでしょう。
ものの見方、切り口、見出しの立て方…
そこら辺り、新聞の腕ですなあ。
地域紙が、頑張んなきゃ。

熊楠読みながら

In Uncategorized on 2011/05/29 at 16:32

『南方マンダラ』p91ぐらいの様子にならなければ、地域おこし、小さな里の復興にはならんのだと思う。
「故に何とぞ心学道話様のことを起こして、村中にわけの分かった老人で村のこと気づかうものニ、三人はあるものにして、…」
そればかりか、この困難な時代を乗り越えるためにも。

「村中にわけの分かった老人で村のこと気づかうものニ、三人」に為らねば。

「信ほど人間の言行に関係あることなし。」p92

「何とぞ日本に厚志の人を集め、一致して地方に心学のようなものを起こしたしと存ず。」p93

「小生は人間が人中の人となるは、有為の人士を作り出すほど上のことはなしと思えり。」p96

中津まるごとミュージアム

In Uncategorized on 2011/05/27 at 19:13

あ、あそこだ!
柳谷村ですね。
何はともあれ、行ってみっか(^ ^)

“ここ中津地区は昔から住民の結束力が強く、高齢化したものの「まだまだこれから」という気概を持っており、「中津大字会(なかつおおあざかい)」という地域自治会が主体となり、地区の将来の為に様々な活動を展開しています。

中津まるごとミュージアム|中津大字会(なかつおおあざかい) – 愛媛県久万高原町の急峻な里山に暮らす、地域住民たちの取り組みを紹介します。まるで絵画のような中津地区へぜひお越しください。.

“米国でのOECDガイドライン違反提訴は日本企業への警鐘”:環境経営・CSR:ECO JAPAN -成長と共生の未来へ-

In Uncategorized on 2011/05/27 at 13:30

国内でも同じこと。

“(1)環境破壊と先住民の権利の侵害という問題で、(2)サプライチェーンに連なるという理由から、日本企業の社会的責任が問われているという状況は、グローバル化をさらに進める多くの日本企業にも「他山の石」とすべき事例である。

 日本企業は、特に先住民の権利侵害という問題に感度が低い。これは、国内で事業活動がその種のインパクトを引き起こすことがほとんど考えられないからである。しかし、海外では全く様相は異なると考えるべきである。

 とりわけ、2011年は「企業の社会的責任」をめぐって、「企業の事業活動をめぐる人権侵害」が大きな注目テーマになりそうな情勢にある。”

米国でのOECDガイドライン違反提訴は日本企業への警鐘:環境経営・CSR:ECO JAPAN -成長と共生の未来へ-.