共通の未来のために-My feelings, when I think of our common future.

Posts Tagged ‘cosmos’

動画アーカイブ 『神話の力~ジョーゼフ・キャンベルとの対話』

In Uncategorized on 2011/08/14 at 13:58

1994年と1996年に、NHKで合計3度放送された番組の、YouTube動画だそうです。

 

<2011.8.15 追記>
動画を見つけるきっかけになったブログ「前から後ろから!」さんが、この6本の動画に関する考証を掲載してくれました。
それによると、この動画は日本での放送版ではなく、アメリカで発売されたDVDに日本語吹き替えが編集で入れられたもののようです。
詳しいことを、リンクした記事の【追記】で、ぜひご一読ください!
「動画 ジョーゼフ・キャンベル『神話の力』-1」2010.4.17 http://fujikko92.exblog.jp/12494874/

 

★Vol.1 英雄伝説

 

★Vol.2 神と人間

 

★Vol.3 古代の語り部

 

★Vol.4 死と再生

 

★Vol.5 愛の女神

 

★Vol.6 永遠の仮面

 

ボクはつい最近まで、この人のことも、この放送のことも、この放送を基に出版された 『神話の力』 The power Of Myth と言う本も、知りませんでした。(名津さん、ありがとう!)

2011年の暑い夏、今年もめぐってきた8月の神聖なひとときに、まったりとこのビデオを見て、本を読みます。

人類が人類の上に2度も続けて核兵器を落とした記憶が薄れつつあり、

同じ国が再び核の脅威に晒されている2011年の、暑く神聖な季節に。

そういう国に生まれ育ち、その出来事の時代に生きている。

ちっぽけな命に出来る最善のことはいつだって、生かされている自分の持つ力を、精一杯使うことなのでしょう。

最善どころか、唯一のことかもしれません。

目に見えない叡智の中にある、生かされている自分を識る。

 

(★これらのYouTube動画は、”神話の力”で検索して、「前から後ろから!」というブログを参考に、見つけることが出来ました。

「動画 ジョーゼフ・キャンベル『神話の力』-1」2010.4.17 http://fujikko92.exblog.jp/12494874/

 
★6回シリーズで、「海外ドキュメンタリー」として2度、「知への旅」として1度放送されたと、「モンバサ・ジャンクション」というサイトにあります。

http://homepage3.nifty.com/mombasa/dummaro/9.htm

第6回(最終回)の放送に2つのバージョンがあって、オーム オウム事件の影響があることが書かれています。)

 
 

<2011.8.15追記その2>
ブログ「前から後ろから!」の negitoromirumiru さんから、ご指摘がありました。
ありがとうございます!
●「オーム」の表記を訂正しました。
●「知への旅」では2度放送されたそうです。従って、都合4度は放送されているようです。
「動画 ジョーゼフ・キャンベル『神話の力』-1」2010.4.17 http://fujikko92.exblog.jp/12494874/ の二つ目の【追記】をご参照ください。

 

広告

なぜ、それが出来ない?

In Uncategorized on 2011/06/17 at 19:34

「里に破壊の家屋なく田に草莽の残れるなく五穀繁生経界正しく道路砥の如く水路の浅深其宜しきを得たり。」
報徳記 巻之二

なぜ出来ない?
故郷が、好きじゃないのか?

「骨」と「種子」

In Uncategorized on 2011/05/05 at 22:07

花。

初夏。
5月4日みどりの日。
黄砂ながらまずまずのお天気、最愛の奥さんと連れ立つ「第46回えひめ花まつり」最終日の午後。

「オステオスペルマム」というデイジーは、白く可憐な花びらの裏が青みがかった紫色。
透けて混合しあった微妙な色合いが気高く涼しげ。
色目の呼び名は、セレニティーホワイト?
南アフリカ原産。
語源は「骨」と「種子」。

ふさふさのコデマリ。

黄色いバラには「トゥイーティー」! の札があったと思ったが、ネットで引いても出て来ないな。

赤いバラは「サムライ08」。

高く、低く、遠く、近く、色とりどりの花びらの、何とも言えない肉厚の光沢に見惚れながら、連想したのは何故か幼児独特のころころしたあの笑い声。

花とは命溢れ顕れる「端」であると、誰かが教えてくれた。
蜜を集める虫たちには、ボクらと同じ色は見えていないという。

花を愛で育てる心と、惨い出来事が同居する
ボクたちの風土に複雑な襞を織り込み、一層複雑に、繊細に、また一層、美しくする。

ボクたちのクニの、繊細さと美的な感性
いつまでも此処に在れ、と、ボクは切なく思う。ボクたちの故郷よ。

変わらず、繰り返すもの

In Uncategorized on 2010/01/01 at 22:56
Amazing Circles Collage
Image by sgs_1019 via Flickr

「進化する」とは、幻。

または思いあがり。

「古代の栄光」は、考えすぎ。

ところで、きみ、

「生きる」、

ことは、変わら

ない、

ずっと、

ずっと、

ずっと。

Reblog this post [with Zemanta]

もたらすもの

In Uncategorized on 2009/08/15 at 17:49

逝きし世の面影

”そもそもありのままの実在とは、人間にとって認知を超えたものである。人間は自然=世界をかならずひとつの意味あるコスモスとして、人間化して生きるのである。そして、混沌たる世界にひとつの意味ある枠組を与える作用をこそ、われわれは文明と呼ぶ。それ自体無意味な世界を意味あるコスモスとして再構成するのは人間の宿命なのだ。問題はその再構成された世界が、人間に生きるに値する一生を保障するかどうかにあるだろう。”
『逝きし世の面影』渡辺京二、平凡社ライブラリー、2007初版第15刷、p469-470

人々の心と生き方への洞察を欠いた環境論は、狂信にすぎない。
工業化より酷い弊害を、地球に残すだろう。

多様性

In Uncategorized on 2009/04/27 at 13:33

多様性、身近な人との間でも、難しいのに!

Posted via email from Comune Futuro

良いなあと思うこと

In Uncategorized on 2009/04/27 at 13:26

「環境」や「持続可能性」、「複数のボトルライン」が優れたテーマであると感じるのは、生活者の立ち位置で、世界中の人たちとコミュニケーションできること。
 
通信テクノロジー、交通システムの貢献も大きいですね。

Posted via email from at a glance