共通の未来のために-My feelings, when I think of our common future.

Posts Tagged ‘Myth’

動画アーカイブ 『神話の力~ジョーゼフ・キャンベルとの対話』

In Uncategorized on 2011/08/14 at 13:58

1994年と1996年に、NHKで合計3度放送された番組の、YouTube動画だそうです。

 

<2011.8.15 追記>
動画を見つけるきっかけになったブログ「前から後ろから!」さんが、この6本の動画に関する考証を掲載してくれました。
それによると、この動画は日本での放送版ではなく、アメリカで発売されたDVDに日本語吹き替えが編集で入れられたもののようです。
詳しいことを、リンクした記事の【追記】で、ぜひご一読ください!
「動画 ジョーゼフ・キャンベル『神話の力』-1」2010.4.17 http://fujikko92.exblog.jp/12494874/

 

★Vol.1 英雄伝説

 

★Vol.2 神と人間

 

★Vol.3 古代の語り部

 

★Vol.4 死と再生

 

★Vol.5 愛の女神

 

★Vol.6 永遠の仮面

 

ボクはつい最近まで、この人のことも、この放送のことも、この放送を基に出版された 『神話の力』 The power Of Myth と言う本も、知りませんでした。(名津さん、ありがとう!)

2011年の暑い夏、今年もめぐってきた8月の神聖なひとときに、まったりとこのビデオを見て、本を読みます。

人類が人類の上に2度も続けて核兵器を落とした記憶が薄れつつあり、

同じ国が再び核の脅威に晒されている2011年の、暑く神聖な季節に。

そういう国に生まれ育ち、その出来事の時代に生きている。

ちっぽけな命に出来る最善のことはいつだって、生かされている自分の持つ力を、精一杯使うことなのでしょう。

最善どころか、唯一のことかもしれません。

目に見えない叡智の中にある、生かされている自分を識る。

 

(★これらのYouTube動画は、”神話の力”で検索して、「前から後ろから!」というブログを参考に、見つけることが出来ました。

「動画 ジョーゼフ・キャンベル『神話の力』-1」2010.4.17 http://fujikko92.exblog.jp/12494874/

 
★6回シリーズで、「海外ドキュメンタリー」として2度、「知への旅」として1度放送されたと、「モンバサ・ジャンクション」というサイトにあります。

http://homepage3.nifty.com/mombasa/dummaro/9.htm

第6回(最終回)の放送に2つのバージョンがあって、オーム オウム事件の影響があることが書かれています。)

 
 

<2011.8.15追記その2>
ブログ「前から後ろから!」の negitoromirumiru さんから、ご指摘がありました。
ありがとうございます!
●「オーム」の表記を訂正しました。
●「知への旅」では2度放送されたそうです。従って、都合4度は放送されているようです。
「動画 ジョーゼフ・キャンベル『神話の力』-1」2010.4.17 http://fujikko92.exblog.jp/12494874/ の二つ目の【追記】をご参照ください。

 

広告

都会生まれ育ちが増えるって…

In Uncategorized on 2011/06/21 at 19:56

ぼくは結構、ヤバイと思ってる。
少なくとも、この国では。

“われわれは、物質と別れることはけっして出来ない。
精神はおのれの古巣を愛するものだ。
水が渇きを癒すように、岩は、地面は、われわれの目や手や足を癒してくれる。”
p153

“われわれは自然のなかで巣を営み、寄生動物さながら、自然の根や穀粒からわれわれのいのちの糧を得ており、さまざまな天体が視線を投げかけてはわれわれを孤独に誘い、いちばん遠い未来をさえあらかじめ語ってくれる。 p154

「自然」
エマソン
酒本雅之 訳

熊楠読みながら

In Uncategorized on 2011/05/29 at 16:32

『南方マンダラ』p91ぐらいの様子にならなければ、地域おこし、小さな里の復興にはならんのだと思う。
「故に何とぞ心学道話様のことを起こして、村中にわけの分かった老人で村のこと気づかうものニ、三人はあるものにして、…」
そればかりか、この困難な時代を乗り越えるためにも。

「村中にわけの分かった老人で村のこと気づかうものニ、三人」に為らねば。

「信ほど人間の言行に関係あることなし。」p92

「何とぞ日本に厚志の人を集め、一致して地方に心学のようなものを起こしたしと存ず。」p93

「小生は人間が人中の人となるは、有為の人士を作り出すほど上のことはなしと思えり。」p96