共通の未来のために-My feelings, when I think of our common future.

Posts Tagged ‘nature’

動画アーカイブ 『神話の力~ジョーゼフ・キャンベルとの対話』

In Uncategorized on 2011/08/14 at 13:58

1994年と1996年に、NHKで合計3度放送された番組の、YouTube動画だそうです。

 

<2011.8.15 追記>
動画を見つけるきっかけになったブログ「前から後ろから!」さんが、この6本の動画に関する考証を掲載してくれました。
それによると、この動画は日本での放送版ではなく、アメリカで発売されたDVDに日本語吹き替えが編集で入れられたもののようです。
詳しいことを、リンクした記事の【追記】で、ぜひご一読ください!
「動画 ジョーゼフ・キャンベル『神話の力』-1」2010.4.17 http://fujikko92.exblog.jp/12494874/

 

★Vol.1 英雄伝説

 

★Vol.2 神と人間

 

★Vol.3 古代の語り部

 

★Vol.4 死と再生

 

★Vol.5 愛の女神

 

★Vol.6 永遠の仮面

 

ボクはつい最近まで、この人のことも、この放送のことも、この放送を基に出版された 『神話の力』 The power Of Myth と言う本も、知りませんでした。(名津さん、ありがとう!)

2011年の暑い夏、今年もめぐってきた8月の神聖なひとときに、まったりとこのビデオを見て、本を読みます。

人類が人類の上に2度も続けて核兵器を落とした記憶が薄れつつあり、

同じ国が再び核の脅威に晒されている2011年の、暑く神聖な季節に。

そういう国に生まれ育ち、その出来事の時代に生きている。

ちっぽけな命に出来る最善のことはいつだって、生かされている自分の持つ力を、精一杯使うことなのでしょう。

最善どころか、唯一のことかもしれません。

目に見えない叡智の中にある、生かされている自分を識る。

 

(★これらのYouTube動画は、”神話の力”で検索して、「前から後ろから!」というブログを参考に、見つけることが出来ました。

「動画 ジョーゼフ・キャンベル『神話の力』-1」2010.4.17 http://fujikko92.exblog.jp/12494874/

 
★6回シリーズで、「海外ドキュメンタリー」として2度、「知への旅」として1度放送されたと、「モンバサ・ジャンクション」というサイトにあります。

http://homepage3.nifty.com/mombasa/dummaro/9.htm

第6回(最終回)の放送に2つのバージョンがあって、オーム オウム事件の影響があることが書かれています。)

 
 

<2011.8.15追記その2>
ブログ「前から後ろから!」の negitoromirumiru さんから、ご指摘がありました。
ありがとうございます!
●「オーム」の表記を訂正しました。
●「知への旅」では2度放送されたそうです。従って、都合4度は放送されているようです。
「動画 ジョーゼフ・キャンベル『神話の力』-1」2010.4.17 http://fujikko92.exblog.jp/12494874/ の二つ目の【追記】をご参照ください。

 

広告

“世間では支配者と言われる者たちも、自然を呼びいれて助けても らってこそ、初めて壮麗な高みに達することができる。”

In Uncategorized on 2011/06/22 at 18:54

初夏の夕暮れにはエマソン。

“いちばん多く知っているひと、地面や、川や、植物や、天空に、どんな楽しみや美徳がそなわっているか、こういう魅力にいきつくにはどうすればいいかを心得ているひと、ーーーそういうひとこそ豊かな王者だ。 世間では支配者と言われる者たちも、自然を呼びいれて助けてもらってこそ、初めて壮麗な高みに達することができる。”

「自然」酒本雅之 訳

いつかは原語で読まなきゃ。

都会生まれ育ちが増えるって…

In Uncategorized on 2011/06/21 at 19:56

ぼくは結構、ヤバイと思ってる。
少なくとも、この国では。

“われわれは、物質と別れることはけっして出来ない。
精神はおのれの古巣を愛するものだ。
水が渇きを癒すように、岩は、地面は、われわれの目や手や足を癒してくれる。”
p153

“われわれは自然のなかで巣を営み、寄生動物さながら、自然の根や穀粒からわれわれのいのちの糧を得ており、さまざまな天体が視線を投げかけてはわれわれを孤独に誘い、いちばん遠い未来をさえあらかじめ語ってくれる。 p154

「自然」
エマソン
酒本雅之 訳

なぜ、それが出来ない?

In Uncategorized on 2011/06/17 at 19:34

「里に破壊の家屋なく田に草莽の残れるなく五穀繁生経界正しく道路砥の如く水路の浅深其宜しきを得たり。」
報徳記 巻之二

なぜ出来ない?
故郷が、好きじゃないのか?

これ、聞いてみたいですね。 “日本の「原子力村」の実情を世界に伝える”|河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり

In Uncategorized on 2011/05/28 at 09:52

要領よくまとめた報告と、「常識」ある反響だったことでしょう。

原子力村の人も、今ならまだ間に合いますヨ。

常識と道理を取り戻すのに。

“政治、官僚、学会、メディアが電力とどうつながってきたか、それぞれがどう利権に関わってきたか、日本の「原子力村」の現実は、外国の議員にとっては驚きだったようだ。

スイスの議員から、スイスでも同様の利権構造が存在するという話がでた。スイスでは、議会の決定を住民投票でひっくり返したそうだ。

日本に住んだことのあるイギリス人のジャーナリストが、なぜ、地域独占の電力会社があんなにコマーシャルを出すのか不思議に思っていたが、その謎が解けたと笑っていた。

コストに利益を載せて電力料金を決める総括原価方式の説明では会場から笑いが出た。いかに再生可能エネルギーのコストを下げるか、資本コストを削減するかという議論がグループセッションで行われている中で、コストがいくらかかっても利益を載せて料金で回収できるこのようなシステムがあることにびっくりすると同時に、これでは日本の再生可能エネルギーは進展しないねとみんな同情的だった。”

ブリュッセルで開催されているClimate Parliamentだそうです。

日本の「原子力村」の実情を世界に伝える|河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり.

漁業の行く末 -『海守ブログ』から

In Uncategorized on 2011/05/06 at 18:26
Fisheries industry in Beruwela

Image by Dhammika Heenpella / Images of Sri Lanka via Flickr

大魚食国家」という自覚と誇りを。

“東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県漁協は、27日に開催した経営委員会で「次世代に引き継げるよう新しい漁業の構築を目指す」として、組織的に漁や養殖を行なう協業化を導入する方針を決定しました。”

“現実的復興と漁師としての生き様、生産業としての効率性と漁村文化など様々な狭間で漁師世界は揺れています。そして、その行く末は大魚食国家の一員である私たち一人ひとりにとっても重大事なのです。”

海守ブログ「漁業の行く末」5月6日

Enhanced by Zemanta

「骨」と「種子」

In Uncategorized on 2011/05/05 at 22:07

花。

初夏。
5月4日みどりの日。
黄砂ながらまずまずのお天気、最愛の奥さんと連れ立つ「第46回えひめ花まつり」最終日の午後。

「オステオスペルマム」というデイジーは、白く可憐な花びらの裏が青みがかった紫色。
透けて混合しあった微妙な色合いが気高く涼しげ。
色目の呼び名は、セレニティーホワイト?
南アフリカ原産。
語源は「骨」と「種子」。

ふさふさのコデマリ。

黄色いバラには「トゥイーティー」! の札があったと思ったが、ネットで引いても出て来ないな。

赤いバラは「サムライ08」。

高く、低く、遠く、近く、色とりどりの花びらの、何とも言えない肉厚の光沢に見惚れながら、連想したのは何故か幼児独特のころころしたあの笑い声。

花とは命溢れ顕れる「端」であると、誰かが教えてくれた。
蜜を集める虫たちには、ボクらと同じ色は見えていないという。

花を愛で育てる心と、惨い出来事が同居する
ボクたちの風土に複雑な襞を織り込み、一層複雑に、繊細に、また一層、美しくする。

ボクたちのクニの、繊細さと美的な感性
いつまでも此処に在れ、と、ボクは切なく思う。ボクたちの故郷よ。

変わらず、繰り返すもの

In Uncategorized on 2010/01/01 at 22:56
Amazing Circles Collage
Image by sgs_1019 via Flickr

「進化する」とは、幻。

または思いあがり。

「古代の栄光」は、考えすぎ。

ところで、きみ、

「生きる」、

ことは、変わら

ない、

ずっと、

ずっと、

ずっと。

Reblog this post [with Zemanta]

もたらすもの

In Uncategorized on 2009/08/15 at 17:49

逝きし世の面影

”そもそもありのままの実在とは、人間にとって認知を超えたものである。人間は自然=世界をかならずひとつの意味あるコスモスとして、人間化して生きるのである。そして、混沌たる世界にひとつの意味ある枠組を与える作用をこそ、われわれは文明と呼ぶ。それ自体無意味な世界を意味あるコスモスとして再構成するのは人間の宿命なのだ。問題はその再構成された世界が、人間に生きるに値する一生を保障するかどうかにあるだろう。”
『逝きし世の面影』渡辺京二、平凡社ライブラリー、2007初版第15刷、p469-470

人々の心と生き方への洞察を欠いた環境論は、狂信にすぎない。
工業化より酷い弊害を、地球に残すだろう。

よく、知りたい

In Uncategorized on 2009/07/23 at 20:34
the galaxy
Image by takuya miyamoto* via Flickr

          
高速バスに揺られ、窓の外を流れる森や谷、遠くの海。
田畑、家並み。
美しいくにに生まれて良かった。
読み始めた「成長の限界」をパラパラと捲り、ふと思う。

原野を切り拓き
治水し
作物を植え
住処を構え
邑をつくり
道を展ばし
海を渡る

古代から営々と続けられてきた
人間の営み
これらの努力は、一体何なのだろう?

より良く暮らしたい
より良く生きたいという
心からの願いを叶えるための
生きている限り続けられる努力の積み重ね

死んだあとのこと
子供たちの暮らし向きと
次の世の繁栄を祈る素朴な祈りの積み重ね

一体何が問題だと言うのだろう?

Reblog this post [with Zemanta]